■試験合格者の面接原稿が見たい方はこちら


スポンサーサイト 

・スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

作業療法士という職業 

・スポンサーサイト


作業療法士という資格について紹介します。

理学療法士・作業療法士法にて、
「作業療法とは、身体又は精神に障害のある者に対し、
主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、
手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。」
・・・と、書かれています。

やっぱりこういうのは分かりづらいので、
簡単に説明しますね。


応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、>
理学療法士では、基本的動作能力の回復と書かれていましたが、
作業療法士では、応用的動作能力・社会的適応能力の回復とあります。

もっと分かりやすく説明すると、
理学療法士は、立つ・歩くを練習することに対して、
作業療法士は、食事をする、編み物をするなど、もっと生活に密着したことを行います。


手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう>
リハの一つに、何か作品を作ることがあります。

また、「作業」というと、何か細かいことをするイメージがありますが、
「作業」という言葉をもっと大きく捉えます。

例えば、入学当初に新入生歓迎のためにバーベキューをすることがありますよね。
バーベキューでも飲み会でもなんでもいいんですけど(笑)

このバーベキューで、新入生同士協力し合い
打ち解けて仲良くなっていく・・・なんてことありますよね。

これも「作業」を通じて、社会適応能力を発揮しているんですね。

他人への思いやりや、協力して一つのことを行う・・・
作業を通じて、リハビリをするのが作業療法士です。


とても色んな可能性を秘めている職業だと思います。

もちろん、同じリハビリ職種として、
理学療法士と作業療法士が協力してリハを行うこともあるんですよ。
スポンサーサイト


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2009/03/24 21:59] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)

作業療法士と理学療法士との違い 

・スポンサーサイト


よく理学療法士と作業療法士が分からないという声を聞きます。

似たような名前ですが、
関わる疾患・患者さんが違うので、
入学を決めるためにも、その違いをしっかりと理解しましょうね。


入学前の時点で、私が理解していた
「理学療法士と作業療法士との違い」というのは、

理学療法士 → 主に足に対して治療する(立つ・歩くなど)
作業療法士 → 主に手に対して治療する(握る・手を上げるなど)

こんな程度でした(笑)


しかし、作業療法士の仕事分野は
理学療法士と大きく違う部分があります。

それは、
精神疾患の患者さんに対して、リハを行うことです。

精神疾患とは、統合失調症やうつ病、自閉症などのことで
このような疾患の患者さんに対して、作業療法というリハビリを行います。


正直なところ、
一般病院に入院している方の中には、
精神疾患を合併している方もいますが、

精神疾患の方が入所するための施設には、
作業療法士は働くことが出来ますが、
理学療法士は働くことが出来ません。


どの分野で働きたいのか、
自分が働いている姿を想像して、選んでくださいね。

■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2009/03/24 21:12] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)

助産師の仕事 

・スポンサーサイト


助産師という職業は、
その名の通り、産婦人科で働く職業です。
子どもを安心して産むためにも、なくてはならない職業の一つです。

保健師助産師看護師法にて
「助産師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、
助産又は妊婦、じよく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子をいう。

・・・と、示されています。

ここで、一つ。
上記の文章には、今までの看護師・保健師と一つ大きな違いがあります。

それは、最後に書かれてある・・・
「女子をいう」という言葉です。

そうです。助産師になれるのは女性限定なのです。
出産を迎える女性の方に、男性の助産師がいると恥ずかしい思いをしてしまいますよね(笑)
そういった想いに配慮して、法律で「女性限定」と定められているんですね。


それにしても・・・
女子って(笑)

言い方古いな~と思いませんか?^m^


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2009/03/21 14:09] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)

学校の保健師さん 

・スポンサーサイト


保健師という職業を知っていますか?

イメージしやすいのは、小学校や中学校にある保健室の先生です。
あの方々は保健師という職業になります。
学校の先生ではないんですね(*^_^*)

保健師助産師看護師法にて
「保健師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、
保健指導に従事することを業とする者をいう。

・・・と、明記されています。

保健師さんは学校の保健室以外にも、
市町村や区にある保健所などでも働いている方がいます。


資格取得の方法としては、
今では保健師のみの資格を取ることは出来ず、
看護師の資格とともに取得する必要があります。

就職できる人数は少ないものの、公的な施設での活躍が多い職業ですね。

■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2009/03/21 13:46] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)

看護師・看護婦のお仕事 

・スポンサーサイト


看護師・看護婦さん、いわゆるナースという仕事・資格は
もう一般的に広く知られている職業です。
ドラマにもなる位ですしね(笑)

昔は、女性の仕事というイメージから看護婦さんといわれていましたが、
今では男性の方も多く働いているので
看護師さんと呼ばれるようになりました。

それでも、9:1の割合で圧倒的に女性が多い職業ですけどね(*^_^*)


保健師助産師看護師法にて
「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、
傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。
・・・と、示されています。

この診療の補助というのがとても広い範囲を行います。
・医師(お医者さん)の診察の補助
(町中の医者にいくとこの風景が見られますよね)

・手術での医師の補助
(ドラマなどで「メス」「汗」とかいって、医師に行っているのありますよね。
あれ、本当にするんですよ(笑)

・入院患者さんの世話
(これをされている看護師さんが一番多いんじゃないでしょうか?)


また、診療所・病院だけでなく、
老人保健施設や訪問看護など、
介護の分野でも看護師の活躍は幅広く・大きいものです。

なので、一人の看護師が多くの分野で働くのではなく、
それぞれの分野で専門的に働いていることが多いです。

今後も、医師不足の対策として
看護師の職域はどんどんと拡大することが予想されます。


給料も比較的良く、将来的にも安心できる職業の一つと言えるでしょう。
個人的に介護士になるよりも、私は看護師をオススメします(笑)


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2009/03/21 13:25] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)

理学療法士とはどんな仕事? 

・スポンサーサイト


学校を選ぶ前に、その資格を目指す職業のことを知らないと話になりません。
(私が入学した当時は殆ど理解していませんでしたが 笑)
今回は、理学療法士(PT)という職業・仕事内容について簡単に紹介したいと思います。


理学療法士の定義として、
理学療法士・作業療法士法にはこのように書かれています。

「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、
治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱
その他の物理的手段を加えることをいう。」


これだけだと、なんのことはよく分かりませんね(^_^.)
1つ1つ私なりの解釈で説明したいと思います。


「身体に障害のある者」
骨折などの他に、脳卒中、心肺機能障害の方もリハビリを行います。
(私は最初、骨折や捻挫くらいしかイメージにありませんでした 笑)

「主としてその基本的動作能力の回復を図るため」
この基本的動作能力とは、本当に基本的なことです。
イスから立ち上がる。歩く。寝返りをする。階段を上り下りする。
病気になるとこのような当たり前のことが出来なくなるんですよね。
それを出来るように理学療法というリハビリをしていきます。

「治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱
その他の物理的手段を加えることをいう」

これはリハビリとして行われる理学療法と物理療法のことだと理解してください。
この内容を主に学校で学びます。


特に学生の方では、
作業療法士や柔道整復師などとの違いがよく分からないと思いますが、
まずは理学療法士のことを理解して下さいね。

まず、ここで理解して欲しいのは、
理学療法士が行うリハビリの対象となるのは骨折とかだけでなく
脳卒中や脊髄損傷、肺や心臓の疾患などの方にもリハビリを行います。
また、このような疾患の多くは高齢者の方が多く、
リハビリの対象も高齢者が非常に多いです。

理学療法士を目指す方の中には、
自分が学生時代にスポーツでケガをして、
それを理学療法士にリハビリしてもらったことから
理学療法士を目指そうという人も多くいると思います。

理学療法士に興味を持つことはとても嬉しいことですが、
「理学療法士になってスポーツばかりを見る!」ということは
リハビリ対象者の年齢層を見ても難しいことが分かると思います。

スポーツチームのトレーナーとして理学療法士が活躍していたり、
スポーツ整形の病院というのもありますが、
数は限りなく少ないことを知っておいて下さいね。


また、今後は介護の分野での需要が増えていくので、
おじいちゃん、おばあちゃん好きな方には合う職業だと思いますよ。




■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2009/03/17 13:36] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。