■試験合格者の面接原稿が見たい方はこちら


スポンサーサイト 

・スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

評価・臨床実習先での挨拶はどうすればいいの? 

・スポンサーサイト


看護学生・医療系学生が実習に行って、まず一番最初に行うこと。
それは、挨拶です!

基本なことではありますが、人の印象というのは第一印象で80%決まるといいます。
その第一印象で最も重要な挨拶をしっかりと行うことが、実習では大切なこととなります。
バイザーの先生との関係が良くなるのも悪くなるのも、まずはここからですよね。

「挨拶なんて当たり前のこと。誰だってできるって」

こう思ってはいませんか?
軽く考えている人ほど、挨拶ってしっかり出来ていないものですよ。

学校でも、先生や先輩に挨拶をすることがあると思いますが、
その時に「おはようございます!」としっかりと挨拶していますか?
多くの人は、「あざっす」って会釈するくらいだと思います。
(私が知っている学校だけかもしれませんが (笑)

病院・診療所・老人保健施設などは、学校ではなく社会です。
実習生も社会人の一人としてみなされ、社会人としてのマナーを求められます。

その基本である、挨拶をしっかりと行うことが出来るのか?
それを今一度確認して下さいね。


朝、スタッフに会った時   おはようございます(掃除の人などにも全員に行う)
リハが始まった時      本日も一日よろしくお願いします
昼休憩に入る時       休憩頂きます
一日が終わった時      本日も一日ありがとうございました
帰る時             お先に失礼します 

他にも患者さんに挨拶するのも同様です。
状況を判断して、臨機応変に挨拶するようにしましょうね。
スポンサーサイト


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2008/08/01 11:48] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。