■試験合格者の面接原稿が見たい方はこちら


スポンサーサイト 

・スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

理学療法士とはどんな仕事? 

・スポンサーサイト


学校を選ぶ前に、その資格を目指す職業のことを知らないと話になりません。
(私が入学した当時は殆ど理解していませんでしたが 笑)
今回は、理学療法士(PT)という職業・仕事内容について簡単に紹介したいと思います。


理学療法士の定義として、
理学療法士・作業療法士法にはこのように書かれています。

「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、
治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱
その他の物理的手段を加えることをいう。」


これだけだと、なんのことはよく分かりませんね(^_^.)
1つ1つ私なりの解釈で説明したいと思います。


「身体に障害のある者」
骨折などの他に、脳卒中、心肺機能障害の方もリハビリを行います。
(私は最初、骨折や捻挫くらいしかイメージにありませんでした 笑)

「主としてその基本的動作能力の回復を図るため」
この基本的動作能力とは、本当に基本的なことです。
イスから立ち上がる。歩く。寝返りをする。階段を上り下りする。
病気になるとこのような当たり前のことが出来なくなるんですよね。
それを出来るように理学療法というリハビリをしていきます。

「治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱
その他の物理的手段を加えることをいう」

これはリハビリとして行われる理学療法と物理療法のことだと理解してください。
この内容を主に学校で学びます。


特に学生の方では、
作業療法士や柔道整復師などとの違いがよく分からないと思いますが、
まずは理学療法士のことを理解して下さいね。

まず、ここで理解して欲しいのは、
理学療法士が行うリハビリの対象となるのは骨折とかだけでなく
脳卒中や脊髄損傷、肺や心臓の疾患などの方にもリハビリを行います。
また、このような疾患の多くは高齢者の方が多く、
リハビリの対象も高齢者が非常に多いです。

理学療法士を目指す方の中には、
自分が学生時代にスポーツでケガをして、
それを理学療法士にリハビリしてもらったことから
理学療法士を目指そうという人も多くいると思います。

理学療法士に興味を持つことはとても嬉しいことですが、
「理学療法士になってスポーツばかりを見る!」ということは
リハビリ対象者の年齢層を見ても難しいことが分かると思います。

スポーツチームのトレーナーとして理学療法士が活躍していたり、
スポーツ整形の病院というのもありますが、
数は限りなく少ないことを知っておいて下さいね。


また、今後は介護の分野での需要が増えていくので、
おじいちゃん、おばあちゃん好きな方には合う職業だと思いますよ。


スポンサーサイト


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2009/03/17 13:36] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。