■試験合格者の面接原稿が見たい方はこちら


スポンサーサイト 

・スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

言語聴覚士とは何か? 

・スポンサーサイト


あまり聞きなれない資格の名前ですが、
立派な国家資格で回復期リハビリテーションにはなくてはならないリハビリのひとつです!

言語聴覚士法での定義は・・・
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、
言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者について
その機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、
これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。


やっぱりややこしいですね(^_^.)


カンタンにいうと、
言葉を話す・聞くことの障害に対してリハビリを行う専門家です。

脳卒中になると、身体が動かなくなることがあります。
その中でも、口腔周囲の麻痺のため舌が回らない(呂律困難)になる方がいます。

また、麻痺がないにも関わらす、
言葉を忘れてしまったり、
自分が言いたいことと、実際に話していることがバラバラであることがあります。

そのような方に対して、言語聴覚士がリハビリを行うのです。


また、ご飯などの飲み込み(嚥下)がしづらい方に
嚥下訓練言語聴覚士が行います。

ご飯を食べられないと、寝たきりになる可能性も大きくなるので
とても大切な要素だと思います。


言語聴覚士はまだ資格保持者が少ないので、
募集がまだ多いのもメリットの1つです。
(今から入学して3~4年後がどうかは責任持ちませんが…w)


スポンサーサイト


■合格者の面接原稿が見たい方はこちら


[2010/05/27 21:28] 入学試験の面接対策必勝講座TOP | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。